小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

女流作家 小説の舞台

女流作家 小説の舞台
泉の森

「安宅家の人々」は吉屋信子さんの有名な作品のひとつです。
その小説の舞台となった場所の一部が公園になっています。(大和市の市立公園)

鶴間駅から歩いて25分。
住宅街を抜けたところに泉の森入口があります。
入ってすぐの「こもれび広場」に小説の案内板があります。
こもれびが差すこの場所は、風と木々の息づかいが重なる素敵な空間でした。
 
公園内は、とても広く散策はもちろんのこと御家族連れでも楽しめそうです。
水車、池(鴨)、アスレチック的遊具などもあります。

看板

スタンプラリーイベントはいつのものかわかりません

小説概要

こちらの案内版から小説概要を知ることができます。

こもれびが差す場所

夕方にさしかかる時間。
こもれびが美しかったです。

かんなさん(42)の記事

泉の森 こもれび広場

https://www.yamato-zaidan.or.jp/izumi

大和市上草柳1728 046-264-6633 【開園時間】
24時間
【休園日】
なし

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える