小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

海老名市観光シンボルモニュメント『七重塔』

海老名市観光シンボルモニュメント『七重塔』
東口ビナウォークの中に突然、七重塔が!

海老名に長く住んでいる人なら、お馴染みの七重塔。しかし、初めて見る多くの人は、「なぜ、ここに!?」と驚きます。
この七重塔、聖武天皇の「国分寺建立の詔」をうけて天平十三年(741年)に建立された相模国分寺の伽藍のひとつを再現したもので、当時はなんと約65メートルもの高さがあったようです。現在の塔は、海老名市観光協会が平成4年に3分の1スケールで再現したもので、高さは21.97メートル。建築史家であり文化財研究の第一人者の故大岡實氏が作成した復元図のとおりにつくられているそうです。
建てられた当時、この周辺は公園でしたが、再開発により一帯がショッピングゾーンになったため、この場にあるとのことです。

uracciさん(9)の記事

七重塔

神奈川県海老名市中央1丁目

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える