小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

東京都農業祭でシイタケが3年連続入賞、森和幸さん

東京都農業祭でシイタケが3年連続入賞、森和幸さん

町田市で森しいたけ園を営み、育てた原木シイタケが都農業祭で3年連続入賞、市農業祭ではシイタケ栽培のホダ場が2年連続1位。野菜に加えシイタケ栽培を始めたきっかけは子供が生まれたこと。「楽かと思ったら子供のように手がかかり、失敗はできない」。植菌は年1度。桜の頃、ホダ木と呼ばれるコナラやクヌギの原木に菌糸を植えると、翌年冬にシイタケが出ます。その間、ホダ木を湧水に浸水、雑木林の中のホダ場に運び、天地をかえしたり、菌糸が全体にまわるよう斜めにしたり、収穫の2週間前くらいにハウスに移動。東日本大震災後、町田のシイタケ農家は減少しましたが、都内のホダ木を使い「ここで作っていると来てくれるから続けたい」。

地域新聞ショッパー編集課さん(57)の記事

森しいたけ園

東京都町田市上小山田町643

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える