小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

2021年春オープン!ロマンスカーミュージアムの魅力をお届け!

2021年春オープン!ロマンスカーミュージアムの魅力をお届け!

2021年4月中旬に「ロマンスカーミュージアム」が開業する予定です。
ミュージアムのコンセプトは、「“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」です。
ロマンスカーミュージアムのコンテンツをご紹介する前に、まずはロゴマークについてご紹介します。
ロゴマークは、「ロマンスカー(Romancecar)」や「鉄道(Railway)」の頭文字である「R」をベースにデザインされました。
Rを横倒ししたようなロゴは、トンネルを通過する流線形のロマンスカーが表現されています。
このロゴには親しみやすく、子どもたちのインスピレーションをかき立てる存在でありたいという想いが込められています。

では早速、そんなロマンスカーミュージアムの概要をチェックしていきましょう。
ロマンスカーミュージアムは現在開業に向けて工事が進められています。
ミュージアムは、小田急線「海老名駅」や「ViNA GARDENS」の隣接地に開業する予定です。
建物の規模は敷地面積約4,000㎡、延床面積約4,400㎡の広さのある地上2階建。
ミュージアムの入口は、海老名駅自由通路に面する2階に設置する予定です。
なお、入場料に関しては、現時点(2021年1月現在)では、公表されていません。

館内には、ロマンスカーや小田急の歴史を学べるヒストリーシアター、電車の運転を体験する運転シミュレーターなどのコンテンツが設けられます。
見る・触る・体験するといった楽しみ方ができる博物館です。
それでは、館内のおすすめコンテンツおよび周辺施設をご紹介します。

はじめにおすすめしたいコンテンツが、「ロマンスカーギャラリー」です。
ロマンスカーギャラリーでは、歴代特急ロマンスカーの実車を合計10両展示します。
展示予定の車種は次の5種です。

・特急ロマンスカー ・SE(3,000形):3両
・特急ロマンスカー ・NSE(3,100形):3両
・特急ロマンスカー ・LSE(7,000形):1両
・特急ロマンスカー ・HiSE(10,000形):1両
・特急ロマンスカー ・RSE(20,000形):2両

愛称RSEとして親しまれた「RESORT SUPER EXPRESS」は小田急唯一のダブルデッカー車として活躍していました。
2012年3月16日のラストランを目に焼き付けたファンも多いのではないでしょうか。
ロマンスカーギャラリーでは、一部の車両を乗車可能として車内も楽しめる仕様にする予定のようです。
各車両に思い入れがある方は、車両と再会することで当時の思い出が蘇るかもしれませんね。

次におすすめしたいコンテンツは「ジオラマパーク」です。
ジオラマパークでは、小田急沿線を模した巨大ジオラマが展示されます。
近郊区間の複々線などの鉄道設備から、箱根や江の島、大山などの観光地まで再現される予定です。
さらに、ジオラマの背景は全てスクリーンで構成され、ジオラマ上を走るミニチュア列車の動きに合わせて映像とライティングの演出が楽しめます。
ジオラマを通して、小田急線の特徴や魅力をさらに知ることができるでしょう。
小さなジオラマの街を走る小田急線を写真におさめて記念にしても良いかもしれません。

ロマンスカーミュージアムの展示を楽しんだ後は、やっぱりお土産を購入したくなりますよね。
ロマンスカーミュージアムには、「TRAINS(トレインズ)」というミュージアムショップが出店されます。
TRAINSは、新宿や和泉多摩川にも展開している小田急電鉄直営のオフィシャルグッズショップです。
小田急ファンの方は、一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか。
TRAINSでは、鉄道好きのお子様から男女問わず大人のファンの方々向けに多種多様な小田急グッズを取り扱っています。
ミュージアムショップでは通常販売しているグッズに加えて、ロマンスカーミュージアム限定商品も多数販売する予定です。

ここからは、おすすめの周辺施設をご紹介します。
ミュージアムから徒歩約5分の場所に「海老名市立中央図書館」があります。
この図書館は、本を借りて読むだけという一般的な図書館ではありません。
まず館内はコンクリート打ちっぱなしのデザイン性の高い構造になっていて、館内中央は吹き抜け構造の開放的な空間です。
また、中央図書館には約32万冊の蔵書があります。

図書館の1階には、「蔦屋書店」と「スターバックスコーヒー」が入っており、本や雑貨を購入したり、コーヒーを飲みながら読書ができたりします。
図書館の在庫や貸出状況は、公式HPにて確認できるため、カフェでゆっくり本を探すことも可能です。
ロマンスカーミュージアムに行く方は、ぜひ海老名中央図書館にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ロマンスカーファンの方は、これまで歴代のロマンスカーをカメラにおさめて、思い出として心に留めてきたのではないでしょうか。
ロマンスカーミュージアムでは、引退した車両を間近で見ることができます。
ロマンスカーファンの方も、鉄道に興味がある方も、ロマンスカーミュージアムが開業したらぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

楓さん(303)の記事

ロマンスカーミュージアム

https://www.odakyu.jp/romancecarmuseum/

海老名市めぐみ町1 【アクセス情報】
小田急線「新宿駅」から「海老名駅」まで最速38分
小田急線「小田原駅」から「海老名駅」まで最速29分

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える

  • facebook
  • X