小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

慶應生に愛される「アローム」がそこにあろうむ理由【後編】

慶應生に愛される「アローム」がそこにあろうむ理由【後編】
茅ヶ崎黒毛和牛を使ったお料理も。オススメです!

昭和60年11月の開店以来、地域の人に愛されてきたレストラン「アローム」。なかでも慶応大学SFCの学生たちからは開校以来親しまれてきました。そんなアロームが閉店する。第一報を知らせたTwitterには「寂しい」「残念だ」と閉店を惜しむ声が並びました。しかし、声だけで終わらせていいのか? 起業家育成を目指す大学に関わる人間が、レストランひとつ助けられなくてどうする! あるSFCのOB生が立ち上がり、2013年の年末でその歴史に幕を降ろすはずだった同店は、湘南台で事業を営むSFCのOB生に経営を引き継がれ、昔ながらの洋食が楽しめる空間のまま、コース料理やワインが楽しめるお店に大変身! いまでも湘南台の地で営業を続けています。ドラマのような本当の話。ぜひアロームに訪れてみてください!

フジマニ編集部 ミウラさん(20)の記事

レストランAROME

http://www.cityfujisawa.ne.jp/~shouten/shop/dr057/dr057.html

藤沢市湘南台2-1-1 53田中ビル2F
湘南台駅西口より徒歩2分
0466-45-7141 11:00~23:30

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える