小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

市境を通る緑深い遊歩道

市境を通る緑深い遊歩道
川崎市と町田市の市境を走る尾根道

「黒川青少年野外活動センター」から、川崎市麻生区と町田市の市境に沿って、町田市内の「真光寺公園」付近まで続く、細長い緑道です。自然の土を踏みしめながら、豊かに生い茂る自然の木のトンネルをくぐり抜けるようにして歩いていく道。場所によって呼び名が変化しますが、中高一貫私立学校の「桐光学園」付近から「真光寺公園」付近の間は、「栗木緑地」と呼ばれています。多摩丘陵の尾根に沿うように通る緑の散策路は、麻生区の自然を凝縮したような一帯。夏は森林浴を、秋は紅葉を存分に楽しめる緑道は、麻生区の魅力を伝える場所「ふるさと麻生八景」のひとつにも選ばれています。

ココロマチさん(47)の記事

栗木緑地

http://www.city.kawasaki.jp/280/cmsfiles/contents/0000035/35822/sigen19.html

麻生区栗木

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える