小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

中原街道沿いで栄えた原家の佇まいを実感

中原街道沿いで栄えた原家の佇まいを実感
明治時代に建てられた豪壮な建物

「日本民家園」には、日本人が磨きあげてきた技を後世に伝えようと、たくさんの古民家が移築されています。中でも目を引くのが「旧原家住宅」。原家は川崎市中原区小杉陣屋町に住んでおり、肥料問屋から家業を拡大させ、米問屋、味噌屋、醤油屋、油問屋といった商いを行い、地域の発展を支えました。その財力と影響力は、建物の豪壮な佇まいからもうかがい知ることができます。もちろん凄いのは外観だけではありません。室内の至る所に巧緻な細工が施され、いずれも高い技術が使われています。部屋によって天井の高さが異なっていて、格式の高い部屋ほど天井が高くなっているそう。ぜひ足を踏み入れて確認してみてくださいね。

ココロマチさん(47)の記事

日本民家園(旧原家住宅)

http://www.nihonminkaen.jp

神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1 TEL. 044-922-2181

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える