小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

恵方巻きならぬ祈願巻

恵方巻きならぬ祈願巻
直径約5センチ以上はある、国産うなぎと大海老天の贅沢巻

節分の日にその年の恵方を向いて無言で巻き寿司を食べると縁起が良いとされる恵方巻ですが、こちらは持ち帰り用で、ボリュームが自慢の「サガミの祈願巻」を用意。岐阜県の手力雄神社(てぢからおおじんじゃ)で同社の社員とSKE48の代表で野村実代さん、井上瑠夏さんが祈願した、のりを使用。店内で一つ一つ手作りする巻物は、国産ウナギと大海老天をたれに絡めたご飯で巻いた贅沢巻が1598円。どちらが主役でもおかしくないウナギと海老は一緒に食べても相性抜群。青シソが後味をさらにさっぱりさせてくれます。さらに毎年人気の大海老天巻842円、味噌かつ巻734円も。どれも長さが約20センチあり、ボリューム満点。縁起物として重宝される海老、「勝つ!」になぞらえた、味噌かつ巻で3月3日まで合格祈願巻として提供。当日の注文も受け付け。町田根岸店でも同時開催。

地域新聞ショッパー編集課さん(76)の記事

和食麺処サガミ町田金井店

東京都町田市金井7-7-57 TEL042-735-1275

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える