小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

宿泊施設を備えたカフェライブラリー

宿泊施設を備えたカフェライブラリー
クロワッサンにローストポーク等を挟んだクロッサンド

昨年12月、ライブラリー&ホステルMACHIDA武相庵がオープン。町田・相模原地域で、33店舗の飲食店を経営するキープ・ウィルグループが「GOOD LIFE BUSO」をテーマに掲げ「地元の人達に愛される、人が集まる店づくり」の思いを込めて、武蔵の国と相模の国から店名を付けました。館内では地元をホームタウンとするフットサルチーム、ペスカドーラ町田を応援するさまざまな取り組みもしていきます。「地元に誇りやアイデンティティーを持って暮らしてほしい」と店長。ベビーカーでの入店もでき、ファミリー層の来店を呼び掛けています。1階は昼間がライブラリーカフェ、夜がビアパブに変身する飲食店です。1人用のカウンター席をはじめゆったりくつろげるソファ席で約50席を用意したラウンジで、地元の人達が集まるコミュニティーの場を目指しモーニング・プレート・セットは500円。クロワッサンにサラダ、ヨーグルトにドリンク付き。プラス150円で、クロッサンドに変更も可。 昼はクロッサンド・ランチ・プレート680円を用意。特製のサクサクのクロワッサンにローストポークやチキンカツレツ等を挟んだ3種類のクロッサンドから1品選べ、スープ、フルーツ付き。スイーツは姉妹店のこがさかベイクからケーキ類を取り寄せます。ハッシュドビーフは780円で新登場。メニューは地元の日本一しょうゆを使ったタコとアボカドの醤油マリネ、井上麹店の味噌を使った季節野菜の町田味噌バーニャ等も。午後5時からは地元のクラフトビール「サンクトガーレン」「厚木ビール」等各種地ビールはじめ、ウイスキー、ジン、カクテル等の酒類がそろいます。つまみ類は500円から。地元の生花店、花とんぼの花を飾り販売やワークショップも開催。2、3階は久美堂や高原書店の協力による本のライブラリーと、宿泊施設のホステルが融合した複合施設。壁には「ポジティブになれる」をテーマにした哲学、歴史、芸術、旅等の本を用意。好きな本を読みながらくつろげます。宿泊施設は、山小屋のような2段ベッドや、壁で仕切られた部屋があり、女性専用ルームも完備。宿泊は2800円から。

ショッパー編集部・内澤さん(52)の記事

MACHIDA武相庵

http://www.busoan.com/

東京都町田市原町田4-10-12 TEL. 042-860-7817 AM8:00–25:00 無休

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える