小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

近代ガラスデザインの先駆者 淡島雅吉

近代ガラスデザインの先駆者 淡島雅吉
淡島雅吉 しづくガラスシャンパングラス 淡島ナナ氏蔵

「近代ガラスデザインの先駆者 淡島雅吉」展を、町田市立博物館で4月7日まで開催しています。
淡島雅吉は昭和を代表するガラス作家で、ガラスデザイナーの草分け的存在。日本美術学校卒業後、デザイナーとして各務クリスタル製作所や保谷クリスタル硝子製造所で勤務した後、1950年に独立しました。
代表作は、表面に緩やかな凹凸があり「しづくガラス」と名付けられた作品群で、同展では「しづくガラス」等モダンなデザインのガラス作品や、その原点となった雅吉の実家である小畑家伝来の和ガラス等、約140点を展示します。
同展は、淡島が生前、同館初代館長で美術評論家の水沢澄夫と親しくしていたことから開催されることに。会期中は、3月21日午後2時から、予約不要、当日先着60人の講演会「娘から見た淡島雅吉」や、担当学芸員によるギャラリー・トーク等イベントも。入館料は一般300円、中学生以下無料、障がい者半額。講演会、ギャラリー・トークともに参加無料ですが、入館料が必要です。

地域新聞ショッパー編集課さん(76)の記事

町田市立博物館

https://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/museum/hakubutukan_top.html

東京都町田市本町田3562 TEL. 042-726-1531

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える