小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

ハモの料理が楽しめる店

ハモの料理が楽しめる店
ハモがうまい!夏の味覚を召し上がれ

京都では夏の味覚として親しまれているハモ。白身ですが、濃厚でミルクのような甘みもあるといわれ、骨が多く料理人が腕を振るう素材の一つです。8月3日はハモの日。近隣でハモ料理を提供している店を紹介します。

ハモ寿司 はも湯引きの旭鮨

創業以来、宮城県産ササニシキのすし飯と、旬の鮮魚を使う伝統の江戸前にぎりを提供。九州・天草産ブランドの黄金のハモを使った「はも湯引きのにぎり」は、8月末頃までの期間限定で1個432円。夏の味が楽しめると、毎年来店する人がいるほど。天然ものなので、脂がしっかりのっているのが特徴で、梅肉でさっぱりといただきます。「夏のにぎり盛り合わせ」1944円や、全8品付き予約制「夏の恵み膳」4968円にも、ハモ寿司入り。つまみの「はも湯引き」1620円は、スダチやワサビで食べてもよさそうです。

ハモの茶わん蒸しとハモ茶漬け

■しゃぶしゃぶ・京懐石 月亭町田店
(小田急町田駅北口近く、ホテル町田ヴィラ内。電042・72 4・566 1)
落ち着いた数寄屋造りの和室で、季節の食材の京懐石をアレンジして提供。ハモは、8月31日までの期間限定のコース料理で登場します。ランチの「季節の京弁当」は旬のハモを使ったハモ茶碗蒸し付きで1620円。「季節の京懐石 旬」5940円は先付け、お造り等全8品。その中に、ハモの天ぷらのご飯に、だしを掛けて食べる茶漬けや、湯引きしたハモをくず打ちしたお椀付き。2人からの注文で、昼は前日までに予約を。他、しゃぶしゃぶやすき焼き、飛騨牛ステーキ等も。

鱧の煮卸しや鱧天が楽しめる各コース

■天麩羅・しゃぶしゃぶ・会席中津川
(ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田2階。電042・724・3127)
厳選したこだわりの季節の野菜や魚介類を使った会席料理を提供。8月18日までの「夏の盛り鰻と鱧の会席コース」は全9品付きで、9720円。味を知ってほしいと、活け締めした瀬戸内産ハモを使用。湯引きしたハモのお造り、ハモ等の食材のうま味を閉じ込めた季節の天ぷら、ハモを揚げて、あんを掛けた「鱧の煮卸し」も登場。「ハモは梅雨の水を飲んでおいしくなる」といわれ、この時季は美味だそうです。希望で単品も。「鱧天」は1296円。「天ぷらコース」は7560円から。

はも丼蒲焼きはここでしか食べられない一品

■せとうち海鮮 さぬきびと
(座間市相模が丘1の23の11。電0 4 2・851・6575)
香川県出身で和食料理歴40年以上の料理長が瀬戸内産の魚介や農産物を使って和洋織り交ぜた創作料理を提供する店が5月にオープン。お薦めはランチの「はも丼蒲焼き」1920円。瀬戸内産ハモ200㌘を蒸し焼きにした後サクッと揚げ、仕上げに甘辛いたれで煮た一品。「関東の方では珍しいのでは」と店主で香川県出身の新開さん。他に「はも天ぷらご膳」1380円や「はも天ぷらソーメン」1380円も。1日限定各5食。瀬戸内産魚介の刺し身や天ぷらのランチセットも。夜は期間限定で、はもしゃぶや鍋料理が登場。焼酎や梅酒等を飲みながら、気軽な雰囲気で楽しめます。

地域新聞ショッパー編集課さん(81)の記事

旭鮨総本店

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える