小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

魚介と動物系のWスープが来店者を魅了

魚介と動物系のWスープが来店者を魅了
和にも洋にも思わせる具材とスープのバランスが絶妙

魚介類と動物系のだしを絶妙なバランスで合わせたスープと、見た目の彩りにもこだわったラーメンが人気。バターでソテーした広島県産のカキを具材としてのせた他、1日寝かせたスープにも惜しみなく使った見た目も中身もぜいたくな期間限定の牡蠣の醤油ラーメン900円がこの時季のお薦め。鶏のだしとのWスープは少し白濁してこく深く、麺を食べ進めるうちにカキの身とバターからエキスがとけだして〝味変〟が楽しめます。1日限定数の販売で、4月くらいまでを予定。他に、鶏と昆布、12種類の魚介を水出しした淡麗や焼き飛魚(あご)、千葉県産の白いハマグリをメーンに、アサリとシジミのだし、銘柄鶏のガラを使用した貝塩等の定番もスープを飲み干したくなる味わいです。 

ショッパー編集部・奥瀬さん(7)の記事

麺ダイニング 旬彩

神奈川県相模原市南区南台3-15 営業時間 11:30~15:00、18:00~21:00

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える