小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

湘南エリア屈指の観光スポット!江の島岩屋で探検気分を味わおう!

湘南エリア屈指の観光スポット!江の島岩屋で探検気分を味わおう!

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/505254

江の島岩屋は、江ノ島の最奥部にある「海食洞窟」です。
ちなみに「海食洞窟」とは、長い年月をかけて波が浸食することによってできた洞窟のことです。

富士山の氷穴に通じているという伝説が残る「第一岩屋」と、龍神伝説の地といわれ、龍神の像が幻想的にライトアップされている「第二岩屋」から成り立っています。

また、この場所は「江の島信仰」発祥の地でもあるのだとか。
古くから信仰の対象とされ、弘法大師が訪れた際には弁財天が姿を現し、源頼朝が戦勝祈願に訪れたとも言われているそうです。
「江の島信仰」発祥の地になった由縁は、鎌倉時代の終わり頃に記された「江島縁起」の「天女と五頭龍伝説」という物語まで遡ります。

昔々、深沢の沼には5つの頭をもつ人食い龍がいました。
その龍はさまざまな災いを周囲の村にもたらして、人々を困らせていたのです。
そんなある日、地鳴りと共に現れた江の島の地に、美しい天女が舞い降ります。
あまりの美しさに龍は結婚を申し込みますが、天女はこれまでの行いを指摘して断ります。
それを受けて、龍は今までの行いを悔い改心を誓います。
すると、天女はその言葉を信じて、ふたりは夫婦となりました。
それからの龍は、人々に尽くすようになります。
しかし、龍の体はどんどん衰えていきました。
「私の命もやがておわるでしょう。これからは、山となってこの地をお守りしたい」と龍が願った結果、生まれたのが江の島の対岸にある龍口山だと言われています。

こうした伝説から、人々はこの島を神秘の島として語り継いできました。
今でもロウソクの炎に照らし出された石像や岩壁が、私たちを神秘の世界へと誘ってくれるでしょう。

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/2993321

さて、そんな江ノ島岩屋ですが「海食洞窟」と言われるだけあって、中に入ると天然の洞窟そのもの!
薄暗くゴツゴツとした岩肌に、灯籠で薄暗くライトアップされた通路を歩くだけで、ちょっとした冒険気分を味わえるでしょう。
そして奥に進むにつれて道幅は狭く、天井は低くなり、道が二手に分岐します。
左手に進むと日蓮上人の「寝姿石」、右手に進むと「江島神社の発祥の地」の碑にたどり着きます。
どちらもこの土地の文化が感じられるパワースポットです。

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/4065312

11月上旬に新設された「岩屋レストハウス」にある岩屋展望デッキは、視界を遮るものがなく、一面に広がる大空と広大な相模湾を眺めることができます。
休憩スペース・男子トイレ・女子トイレ・多機能トイレも併設されているので、一息つきながら美しい景色を眺められます。
夕暮れの絶景を撮影したい方には特におすすめのスポットです。

ちなみに、きれいに夕焼けを撮影するには「なるべく動かさないこと」「シャッターチャンスを待つ」ことが重要なのだとか。
また、スマホで撮影する場合には明るい位置にピントを合わせたり、夕日が雲に少し隠れた瞬間を狙ったりすると綺麗に撮れますよ。
潮風を感じながら、ゆったり夕日を楽しみつつ、最高の瞬間を待ちましょう。

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/4563910

さて、そんな江ノ島岩屋の周辺には、絶景スポットや見どころも沢山あります!

最初に紹介するのは、江の島観光に外せない「江島神社」。
日本3大弁財天の1つでもあり、金運アップのパワースポットです。
神社は「辺津宮」「中津宮」「奥津宮」の3社から成り、それぞれに3姉妹の天女が祀られています。
天女が美人であったことから、美容などに関するご利益もあるそうです。

次に紹介するのは「龍恋の鐘」です。
恋人の丘にあるこの鐘は、先ほど取り上げた「天女と五頭龍伝説」にちなんで作られました。
鐘のある場所からは海が一望できるので、インスタ映えスポットとしても大人気です。

最後に、海が一望できる絶景スポットなら「江の島シーキャンドル」もおすすめです。
江の島サムエル・コッキング苑の中にある展望灯台である「江の島シーキャンドル」は「日本三大夜灯台」としても知られています。
ここから眺める景色はとても美しく、夕景・夜景は「日本夜景遺産」にも認定されるほどの幻想的な風景が楽しめます。

今回は、一度は行っておきたい湘南エリアの名スポット・江の島岩屋について紹介しました。
ご紹介したように、このスポットは江の島信仰発祥の地でもあります。
まさに歴史と伝説、そして江の島の神秘的な魅力が交差する場所だと言えるでしょう。

そして、何と言っても岩屋周辺ではきれいな夕焼けを独り占めできます。
ここでしか見られない、海と夕陽が織りなす絶景を、ぜひお楽しみください。
江の島に訪れた際には、ぜひ「江の島岩屋」まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

楓さん(154)の記事

江の島岩屋

https://www.fujisawa-kanko.jp/spot/enoshima/17.html

藤沢市江の島2 0466-22-4141

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える