小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

万葉植物の鑑賞を歌とともに

万葉植物の鑑賞を歌とともに
高い場所からは住宅地も一望

住宅街の坂を上がったところに現れる「金程万葉苑」。土地区画整理事業の際に緑地保全地として残された場所に、地元の農家と山草会の方々が自主的に開苑したものです。苑内には約80種類もの万葉集の中に詠まれている万葉植物が植えられています。約4,500首の納められた歌の中、3分の1である1,500首ほどに登場するそうで、万葉集の注釈書『万葉集古義』によると、植物の種類はなんと157種にのぼるそうです。それぞれの植物の脇には札が建てられていて、万葉集の和歌が書かれているので、ひとつひとつ目を通しながらゆっくりと歩いてみるのもいいですね。多摩丘陵の樹木なども植えられていて樹々に囲まれているので、夏の避暑地としても最適です♪

ココロマチさん(47)の記事

金程万葉苑

http://www.city.kawasaki.jp/280/cmsfiles/contents/0000035/35822/sigen35.html

神奈川県川崎市麻生区金程4-26

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える