小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

見た人を癒し、励ます星野富弘さんの詩画作品展

見た人を癒し、励ます星野富弘さんの詩画作品展
見る人を時に癒し、励ます星野さんの作品

相模女子大学グリーンホールの多目的ホールで10月6~13日各午前10時~午後7時(最終日は5時)に「やさしさをともに相模原 星野富弘 花の詩画展」を開催。
中学校教師だった星野富弘さんは、不慮の事故により頚髄を損傷し手足の自由を失いました。
絶望の中、口に筆をくわえて描き始めた詩や絵は、1979年に初の個展を開いて以来、国内外で反響を呼んでいます。
はかなげながら生命力を感じる野の花の絵に、何気ない日常や母への思いをしたためた温かみある文字がのせられた詩画は、子供から大人まで訪れた人の心に勇気や希望を与え、時に癒し、時に励ましています。
今回新作を含め80点を展示。
「何度も足を運んでほしい」と中学生以下は入場料は無料。
一般は600円。10月9日は相模女子大学内、マーガレットホール4階ガーデンホールで、智弘美術館館長による記念講演とスペシャルコンサートも無料開催。

地域新聞ショッパー編集課さん(83)の記事

相模女子大学グリーンホール

http://sagamihara.shigaten.com

相模原市南区相模大野4-4-1 042-749-2200

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える