小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

日本舞踊・演劇・オペラと活躍の三代宗家の立花寶山さん

日本舞踊・演劇・オペラと活躍の三代宗家の立花寶山さん
立花流事務所でインタビューを受ける立花さん

宗家立花流三代宗家の立花寶山さんは相模原市在住。
立花流は古典舞踊を継承するのみにとどまらず、新しい感覚で舞踊作品を創作する等、古典性と現代性を芸風の中にも両立させ、舞踊・演劇・オペラと幅広い活動をしており、立花さんも、日本舞踊家でありながらオペラの演出や振り付け、所作指導を行っています。
礼儀作法も芸につながるものとして稽古の根幹とし、礼儀、立居振舞、襖、障子の開け閉め等の作法を指導。
また、町田市邦舞連盟の会長を務め、2年に一度、舞踊会を開催しています。
2月24日に横浜能楽堂で立花流60周年記念した「立花流踊りの会(仮称)」を開催予定。
また、4月には小学校でワークショップとして歌舞伎を親しむイベント等や、町田市邦舞連盟では浴衣の着付けと踊りの研修会を開く予定も。

ショッパー編集部・内澤さん(64)の記事

宗家立花流事務所

http://souke-tachibanaryu.jp/

相模原市南区若松2-1-33 042-749-0882

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える