小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

「ゴールデンゾーン」に使いやすい食器を並べよう

「ゴールデンゾーン」に使いやすい食器を並べよう
大岡さんのアドバイスで、きれいに片付いた食器棚

そうじのプロ、ミニメイドサービス相模原店で、整理・収納アドバイザー2級認定講師の大岡紀子さんに食器棚の収納のこつについてアドバイスしてもらいました。食器棚は、食器をすべて出して時々使うもの、ほとんど使わないものに分別。棚の中を拭き、使いやすい高さに調整。一番上の棚はスタンバイゾーンで、使わない食器類を置きます。収納ボックスに使わないものを入れ、日付を記入。収納ボックスは色を統一するときれいな収納ができます。目の高さから手の届く位置までがゴールデンゾーン。手が入る間隔に茶碗や皿、小皿等の日常の食器を並べます。グラス、小皿、小物類はグループ化して置くように。同じ柄の食器は一緒に使用することを考えて同じ場所に置くときれいで、出し入れしやすくなります。見える収納と、しまう収納があり、日常使いの鍋やフライパンは使いやすい置き場所をつくり、ワンアクションで取り出せることが理想。重ねる場合は台を使って出しやすい工夫が大切。家族構成や年齢、右利きや左利きによっても必要なものや片付ける場所が違います。「使いやすさを一番に考えて物を使ってあげて」と大岡さん。「物を見直す期限を決めて物を整理して捨てることも重要」とも。負担にならないように、自分流のルールを作りながら片付けに取り組みましょう。同店は32年目を迎えた家事代行・家事サービス業者。富裕層を対象に年間を通じ、きれいに保つオーダーメードクリーンネスを目指し、家事一般を実施。相模原、町田、新百合ケ地区で展開中です。

ショッパー編集部・内澤さん(51)の記事

ミニメイドサービス相模原店

https://minimaid-sagamihara-machida.com/

神奈川県相模原市南区相模台2-29-3 TEL. 042-744-9421

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える