小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

麺ダイニング 旬彩

麺ダイニング 旬彩
貝ラーメン

小田急相模原駅から行幸道路を相模大野方面へ向かい住宅街に入ったところにある麺ダイニング旬彩さんをご紹介します。

こちらはSNSで美味しいという情報を知り、一度行ってみたかったお店。
住宅街なので通りかかって入るという人はいないかと。

昼時間を過ぎていたこともありすんなり入店。
ご主人と可愛らしい女の子の二人が出迎えてくれました。
私はコラーゲンたっぷりの限定ラーメン。
主人は、貝ラーメンをいただきました。
スープに応じて麺を変えてるこだわり!

外観

限定ラーメンは、この日だけの特別なラーメンだったようで後から入店された常連さんらしき方が、「これは、女性は喜ぶよ~定期的に出したら?」と仰っていました。
トロミの強い濃厚なスープでした。
主人の貝ラーメンも味見させてもらいましたが、貝の旨味がぎゅっと詰まってとっても上品で美味しいスープ。
麺との相性もバッチリ!

車で伺ったのですが対角にあるコインパーキングに停めると駐車料金100円を出してくれるという太っ腹!

店内は、昭和の家庭の雰囲気が優しい感じです。
味は間違いないので是非行ってみてください。

限定ラーメン

小田急のくらし編集部より

「麺ダイニング 旬彩」は、小田急線・小田急相模原駅から歩いて向かえるラーメン屋さんです。
店主さんはフレンチをはじめ、ラーメン以外の調理経験もあるそうで、多彩な経験に基づいた美味しいお食事が楽しめます。
人気の「牡蠣の白醤油ラーメン」「貝塩ラーメン」は、いずれも貝の旨味がギュッと濃縮された、味わい深い一杯。
牡蠣の白醤油ラーメンは海のミルクとも呼ばれる牡蠣をふんだんに使用し、貝塩ラーメンはたくさんのアサリと貝ペーストを楽しめる一品です。
また、麺ダイニング 旬彩では限定ラーメンもいただくことも。
限定ラーメンにはピリ辛の味噌スープを使った「辛味噌ラーメン」、クリーミーでありながら程よい辛味と酸味を楽しめる「エスニックラーメン」などがあります。
こちらもあわせてチェックしておきたいですね。
その他、大中小のボリュームから選べるライスなどのサイドメニュー・メンマなどのトッピングサービス・+100円で半玉分大盛りにしてくれるサービスも提供しています。

kackyさん(18)の記事

麺ダイニング 旬彩

相模原市南区南台3-15
【営業時間】
11:30~14:30(L.O. 14:00)
18:00~21:00(L.O. 20:40)
※スープがなくなり次第終了

【定休日】
月曜日(祝日の場合は営業で翌火曜日休業)

【記事情報】
公開日:2020年12月28日
更新日:2021年12月15日

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える