小田急沿線の暮らしに寄り添う地域密着サイト。

文学散歩も四季の花も楽しめる

文学散歩も四季の花も楽しめる

明治・大正時代の作家、徳富蘆花は武蔵野の自然をこよなく愛していました。その夫のためにと、蘆花が後半生を過ごした住まいと庭などを愛子夫人が東京都に寄付して作られたのが、蘆花恒春園(芦花公園)です。当時の武蔵野の面影を色濃く残すエリアには、蘆花の原稿や手紙、農工具などの遺品を収蔵した蘆花記念館があり、遺品の一部は一般公開されています。
蘆花恒春園のもう一つの見所は、花の丘エリアです。その名の通り、長野県高遠町から贈られた高遠小彼岸桜をはじめ、藤棚、萩のトンネルなど、四季折々の花を楽しめます。蘆花恒春園は文学散歩も、武蔵野の原風景も、四季の花も楽しめる、ちょっと贅沢な公園なのです。

真戸きわさん(59)の記事

蘆花恒春園

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index007.html

東京都世田谷区粕谷1-20-1 TEL. 03-3302-5016(蘆花恒春園サービスセンター) アクセス:小田急線千歳船橋からバス、芦花恒春園下車徒歩7分

開園時間:9:00~16:30(恒春園区域)徳冨蘆花旧宅および蘆花記念館は16:00まで
休園日:無休、サービスセンター及び恒春園区域は年末年始休業

この記事は読者リポーターの投稿によるもののため、情報の正確性は保証されません。ご確認のうえご利用お願い致します。

この記事を友達に教えるこの記事を友達に教える